あなたの商品は、もはや私たちにとって”他人事”ではありません。

会社概要

私たちのこだわり

こんにちわ!

メッキのコーディネーター、株式会社土井鍍金です。

あなたの商品は、もはや私たちにとって”他人事”ではありません。どうすればこの商品の付加価値を高められるのか?取引先のさらにその先、エンドユーザーにもっと喜んでもらえるには?

私たちがあなたと一緒になって考え、悩み、解決へと導きます。あなたは、どのようなことでお困りですか?納期でしょうか?それとも素材のこと?

「何に困っているのかが、そもそもよくわからない」といった場合もあるでしょう。私たちはどのようなご要望に対しても「出来ません」「それは無理です」と即答することはありません。「何とか方法を考えてみましょう」そのためには残業・休日出勤、時には早朝3時4時から仕事をすることも。お客様から「ありがとう」「助かった」と言われること、それが何よりの喜びです。

苦労が報われます。疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。

会社概要

■会社名 株式会社 土井鍍金
■業務内容 金属表面処理
■代表取締役 土井 康巨
■所在地

大阪府大阪市平野区加美北5-6-1

TEL:06-6794-2000 FAX:06-6794-4955

■営業時間 8:30〜17:30/土日祝日定休日(当社カレンダーによる)
■設立 1974年1月
■従業員数 87名
■主要取引先 YKKファスニングプロダクツ・セーラー万年筆(株)・(有)岡本製作所・(株)ケントク・大阪美錠工業(株)
■アクセスマップ

スタッフ紹介

代表取締役会長 土井昭忠

会長の土井でございます。

メッキという仕事に係わって40有余年、まだまだこのメッキという仕事の奥の深さに驚かされる毎日です。反面、新しい手法・技術を発見したときの喜びは何ものにも変えがたいものがあります。

2005年には大阪テクノマスターの認定を頂く名誉に浴しましたが、現状に満足することなく更なる精進に努め、お客様に満足していただける会社作りに取り組んでおります。

代表取締役社長 土井康巨

社長に就任して6年。その間リーマン・ショックや東日本大震災など、当社にも大きな影響を受けました。
その度、社内のムダの見直し、5Sの徹底など原点を見直す事の
大切さを痛感いたしました。
自ら現場に足を運び、自分でもチェックを行い、社員にも気づか
せる。そんな基本の繰返しが強い会社作りの基本と考えます。
表面処理でお困りの際は是非当社までご相談下さい。

取締役統括部長 大島信授

統括部長として経営者と社員とのパイプ約として格闘する毎日
です。
今は考える職場づくりを念頭とし、日々の生産進捗、5S活動、
品質対応を、時に怒号を交えながら進めております。
めっきに関してお困りの事、ご質問、又は試作ご依頼等、
何なりとご用命お願い致します。

取締役部長 宮本 勇

弊社は、多くの得意先様から貴金属めっきを主体とした、
多種多様な使用のめっきのご依頼を賜っております。
現場は、「品質第一・納期厳守」を合言葉とし、良い製品を
少しでも早くお客様にお渡し出来るようまとめ役として
奮闘しております。

取締役営業部長 谷口知英

創業当時より弊社の営業方針は、お客様密着型の営業スタイル
です。
私自身も入社間もない頃は、お客様が考えておられる事や求めら
れている事が把握する事が出来ずご迷惑をお掛けしておりました。
一歩ずつ一歩ずつお客様の中へと入り込む努力を行いました。
その甲斐あって今では個人的なお付き合いまでさせて頂いており
ます。年齢を重ねる毎にこのようなお客様が増え、仕事を続けて
いく上で、大きな財産、大きな力となっております。

次長 中川将伸

この業界に入って、10数年が経ちました。
新人教育しつつ、自分自身も知識と経験を養いながら、悪戦苦闘
の日々を送っております。
又、会長と共に大型仏具の補修作業もさせて頂いております。
年齢も社内では、中間層になるので、何でも話せるような
会社作りに頑張っています。

  • バレル課(現場)
  • メッキ課・レベラー課
  • ラック課(タコ掛け)
  • ラック課(現場)
  • ラック課・バレル課検査員
  • 営業部
  • 総務課
  • 塗装課
  • 品質保証部
  • 排水処理・治具剥離担当者

私たちはこれまで数多くの製品にメッキを施し、世に送り出してきました。

それらの全てをここにご紹介できないのが残念です。製品の特性は最終的にメッキの性質できまります。そのためお客様からはなるべく公表しないよう厳しくいわれます。

私たちのメッキ製品は意外なところで皆さんの目に触れていますが、なかなか私たちの名前が表に出ることはありません。言ってみれば縁の下の力持ちといったところでしょうか・・・。ここに掲載している製品は、お得意様に無理を聞いていただきご紹介させていただいているものです。

通常メッキを施すことが非常に難しいものばかりです。

 

■教会に設置されている十字架やローソク立てのめっき依頼をお受け致しました。キリスト系大学のキャンパス内にある教会に設置される様ですが、ホームページを拝見するとかなり人目を引く場所に置かれていました。めっきが完了するまでは気が気では有りませんでしたが、お客様や当社の現場作業員の皆様のおかげで素晴らしいめっきに仕上げる事が出来ました。今後もこの様な案件が有れば積極的にトライしたいと思います。

 

 

 

 

 

■素材が真鍮とステンレスで出来ているレーザー医療用の針の先端部分です。この内面に密着性の良い金メッキをするという難易度の高い加工でした。

■素材が超鋼材といって、全面メッキでも密着性の良くない素材に、部分銀メッキを行うという超難しいメッキにトライしました。
何日も何日もかかって、マスキングの選定・マスキングの方法・メッキの選定・マスキング除去の方法・メッキ表面の仕上がりなどシーソーゲームのようでした。やっと問題なくメッキすることができ、夜遅くから皆で乾杯!!達成感とうれしさで大はしゃぎ!!
と次の日、量産に備えて再現テストしたところ、またもや問題発生。同じメッキ法で何故うまくいかないのか・・・何故・なぜ・ナゼの連発!!最初から一つ一つ全部見直して原因追求。今では、問題なく不良”0”でメッキできるようになりました。苦労したのがうそみたいです。

■この製品は、最新鋭の複合機にて精密加工された黄銅素材の通信機器向けのコネクターです。加工精度は、100ミクロン単位で管理されております。
メッキ仕様は、下地Niメッキ3〜5μ→Agメッキ3〜5μで、メッキ後にも厳しい寸法公差を求められております。

初期流動時のトラブルも、テストを繰り返し治具の掛け方の改善などで解消されました。

■当社会長の大好きなお孫さんが履いていた靴を金メッキして飾っています。素材が布やビニールで出来ているのでメッキするには試行錯誤努力しました。