あなたの商品は、もはや私たちにとって”他人事”ではありません。

メッキの再生・加工

再生の工程

  1. 塗装及びめっき剥離
  2. 研磨又はバレル
  3. 必要に応じ、銅仕上げ
  4. 再めっき加工及び塗装
[ 事例 ]

事例[預かり時]

事例[めっき上がり]※パールゴールド仕上げ

注意事項

1の時、当社で分かるものは調べますが下記の注意が必要です。
  • 塗装の有無
  • 素材の種類・・・素材によっては、再生不可能な場合もあります。
  • 付いているめっきの種類 以上により、素材まで剥離するか、途中のめっきまで剥離するかを判断します。
2の時、商品に応じて研磨かバレルかの判断をします。
その際、凹凸がある品物ですと全面に研磨やバレルがあたらず、その部分だけきれいにならないこともあります。
3の工程(銅めっきして研磨)をすることにおいて、外観が向上します。
4ご要望の色調でめっきを仕上げます。
又、そのめっきを保護するための塗装も行う事が出来ます。(色調によって、必ず塗装を行う事もあります。)
※パールゴールド・・・真珠(パール)のようなつや感のあるメッキ加工です

※素材、形状により再生困難なものもあります、詳しくは当社営業までご相談下さい。

その他の事例


ウォレットチェーン
400o預かり時

(画像クリックで拡大)
黒ニッケルめっき再生後
(参考価格 5,000円)

ストラップ50o
預かり時

(画像クリックで拡大)
ロジウムメッキ再生後
(参考価格 5,000円)

ホルダー80o

(画像クリックで拡大)
ロジウムメッキ再生後
(参考価格 8,000円)

指輪20o

(画像クリックで拡大)
銀メッキ再生後
(参考価格 3,000円)

小物入れ120×90×50

(画像クリックで拡大)
小物入れ120×90×50
金メッキ再生後
(参考価格 10,000円)