あなたの商品は、もはや私たちにとって”他人事”ではありません。

勝ち組企業が密かに取り入れている秘密の方法とは?

CASE1 5年間抱え続けた不良在庫10,000個が1ヶ月で90%売れた!

「助けてください!」それは、半ば唐突に私たちに投げかけられた叫びでした。

「売れなくて困っています・・・。何とか売れるようになりませんか?」

主に近畿圏で雑貨卸を営んでおられるA社様。私たちはまずじっくりとお話をすることにしました。問題の商品は、とあるキーホルダーでした。

5年ほど前に大量発注した商品とのことです。その数なんと10,000個。

この5年間というもの全く売れず、そのほとんどが倉庫に眠ったままになっているそうです。

「もう本当に・・・困っています・・・。何とか助けてください!」

「大丈夫です。落ち着いてください。方法を考えましょう。まずはその商品を見せていただけますか」

商品を拝見すると「売れない理由」がわかりました。デザインは決して悪くありません。いや、むしろ優れています。ただ、いまいち高級感がないのです。しかも色も若干変色してしまっています。

売れる商品には「売れる理由」が、売れない商品には「売れない理由」が必ずあります。

まず私たちはそのキーホルダーに対してバレル研磨といわれる技法を用い、表面の細かなキズやバリを取り除くことから始めました。この工程により材質の表面は非常に滑らかになります。「なんとなく安っぽい感じ」の原因の一つを、これで徹底的に排除するのです。

そして次に、黒ニッケルメッキを施しました。これは単なるベタ黒ではなく、金属特有の透明感を持った黒色に仕上げることができます。

この二つの工程を行うことで高級感を高めることに成功しました。短所を可能な限り取り除き、長所に置き換えてやればいいのです。

出来上がったサンプルをお見せしたところ、早速10,000個の在庫全てにこれをお願いしたいとご依頼をいただきました。そして、無事納品後、約1ヶ月。先方からお電話がありました。

すごい!すごいですよ!信じられません!

「落ち着いてください。どうされましたか?」

「あのキーホルダーが・・・。あの5年間全く売れなかった商品が・・・。

飛ぶように売れ出しました!この1ヶ月で在庫の9割以上が売れました!どうなってるんですか?信じられません!5年間も売れなかったんですよ。

土井鍍金さんにお願いして本当に良かった・・・本当に・・・ありがとうございました!」

このお喜びようといったら、それはもう大変なものでした。

私たちにとって、この仕事をしていて一番うれしい瞬間なのです。

CASE2 かつて悩みの種だった商品が今では定番の売れ筋商品に。

安定した地益を生み続ける優良商材に変貌!

これは金具メーカーB社様の事例です。

アジャスターといわれる下着用の金具が売れなくて困っているというご相談を受けました。そこに施されていたメッキは業界としては標準的なものでした。そこでいくつかヒアリングをさせていただきました。

なぜ、このメッキを選ばれたのか?

値段が安いからなのか?

どうやらメッキに関してはあまり検討することはなく、なんとなくこの形になったようです。無理もありません。メッキの選択によって商品の「顔」がガラリと変わってしまうことは、なかなか一般的にはイメージしづらい部分だと思います。

私たちの提案は、メッキの種類を変え高級感を演出すること。もちろんコストもかかりますし、当初先方様も半信半疑といった感じでした。

しかし、とにかく私たちの提案どおりに商品の「顔」を変え、売り出していきました。結果は見事に当たりました。リピート注文も順調に発生し、今ではB社様の定番主力商品となり利益を生み続けています。他社商品との差別化をはかり、他では手に入らない商品に育ったことが現在の成功を導いたのです。

CASE3 最低限のコストで最大の効果を得るノウハウ

使いようのない部品がよみがえった!

部品メーカーC社様。

銀メッキが施された商品がすっかり変色してしまい困っておられました。もともと銀メッキは変色の早いメッキです。どんなに保管状況がよくても通常1〜2ヶ月で変色してしまいます。

C社様の商品は導電性を求められる部品ですので、変色防止のクリア加工をすることも出来ません。とはいえ、メッキを剥離し再加工ということになるとコストがかかりすぎる。しかもC社様からエンドユーザーへの希望納期に間に合わない。

「さあ、どうしたものか・・・」

ここが、職人の腕の見せ所です。皆で検討した結果、思い切って現状のメッキの剥離は行わないことにしました。直接メッキの上から私たち独自の前処理技術を駆使し、変色を直すことに成功しました。

かかったコストもごくわずかで済み、納期も大幅に短縮。現在に至るまで、大変喜んでいただいております。